Oisixオイシックス

【Oisix】いつもの定番ミールキットと雰囲気が違う?サラダキットでおしゃれポテトサラダを作る極意を学ぶ

ポテトサラダの見本

今日紹介するのは、Oisixオイシックスの定番「20分で2品完成する」ミールキットではありません。

これ↓
ポテトサラダの見本

1品しかない?しかもパッケージもいつもと違う?

そうなんです。オイシックスの献立キットは「20分で2品」シリーズだけじゃないんですね。単品メニューもあるんです。今回のは「Kit Oisix」のサラダキット。他にスープや鍋もあります。

というわけで今回のKit Oisixは「特製ソースと4種野菜のポテトサラダ」の紹介です。家庭で作るまぜまぜポテトサラダとはひと味違う、ちょっとだけおしゃれに見えるポイントも紹介しますよ。

オイシックスのサラダキット「特製ソースと4種野菜のポテトサラダ」の内容とは

ポテトサラダの材料

材料

  • ジャガイモ(加熱済み)
  • アスパラガス
  • ミニトマト
  • 紫玉ねぎ
  • ゆで卵
  • オランデーズソース

オランデーズソースは、バターとレモン果汁と卵黄で作る濃厚ソース。エッグベネディクトの上によくかかってるアレです。

手順

ジャガイモ、アスパラガス、紫玉ねぎは以下のようにします。

  • 玉ねぎ:薄切りにして塩をかけて放置→水気が出たらしぼる
  • アスパラガス:斜めに切ってレンジ加熱
  • ジャガイモ:レンジで温めたあとつぶしてマヨネーズと和える

調理時間は表記がありませんでした。10分くらいかな?

盛り付けと時短ポイント

さあ今回の最大のポイントの盛り付け、いきますよ。

たまご、アスパラ、水切った玉ねぎ、トマトは、ポテトサラダに混ぜません。上に重ねるように置いていきましょう!つぶしたジャガイモの中に具材を混ぜるだけがポテトサラダじゃないんですね!

また、今回キットを使うことによる時短ポイントは

  • ジャガイモが皮むき&加熱済み
  • 卵はゆで卵
  • オランデーズソースはかけるだけ

の3点でした。1から作るとなると、オランデーズソースが一番手間になりそうです。

Oisix特製ポテトサラダを食べてみた

ポテトサラダ盛り付け

右下がポテトサラダ。ポテトサラダっぽくない彩りですね。ワンプレートにしたのでトータルのおしゃれ感は見本よりかなり下がりますが…

一緒に載っているのは、買ってきた海苔巻きと、サンマの開き(生協で購入)です。

オイシックス流ポテトサラダの感想

ポテトサラダなのにモチャモチャネチャネチャしません。ジャガイモをつぶし切らず、またマヨネーズで和えたのもジャガイモのみ。なので他の具がごちゃまぜだんごになりません。

アスパラはシャキシャキだし、ポテトサラダにトマトって新鮮。卵は今まで刻んで一緒に混ぜていましたが、大き目に切ることで白身のぷりぷり感や黄身のコクも感じられます。

これは、家にある材料でリピートしたい。

オランデーズソースは、バターの風味が強くてサラダにコクが出ます。よりいっそう大人っぽいポテトサラダに。子供には合わなかったので胡麻ドレッシングを。

オイシックスのサラダキットから学んだおしゃれポテトサラダを作るコツ

最後に、家庭料理の定番メニューポテトサラダをあえてキットで作った結果わかった、おしゃれサラダのポイントをまとめてみます。

1.全部混ぜない!いろどり野菜はちらす

ポテトサラダと言えば、キュウリや人参やハムがジャガイモペーストの中から覗いているのが一般的。

これをおしゃれサラダにするには、アスパラ・トマト・紫玉ねぎなど色がはっきりしていてキレイな具材を、上に載せる&ちらす。

トマトは混ぜるとぐちゃぐちゃになるからポテトサラダには不向きだと思ってましたが、上に載せるなら問題なし&キレイ!

2.赤、緑、黄色をそろえる。紫も加えるとさらによい

赤と黄色は食欲アップの色。さらにビタミンカラーの緑を足すとよりおいしそうに。

  • 赤:トマトやパプリカ。人参だと家庭的なポテトサラダになる気がする
  • 緑:アスパラ、ブロッコリー。加熱しすぎないほうが食感が残る
  • 黄:卵の黄身を見せる
  • を加えるとさらにおしゃれ感アップ。ただし割合は少なめに抑えて

そして1個1個の具材は大きめがいいです。噛む回数も増えるしね

3.写真を撮るときは真上から

オイシックスのサラダキットの見本は真上から写真を撮っています。

お皿は無地、背景は木目か白地、ナチュラル系だと、サラダのカラフルが映えるみたいです。

 

今回は以上です。

ポテトサラダ一つで、とても楽しめました。味もおいしく、また作ってみたいメニューに仲間入り。

オイシックスの料理キットを使うと、新しいメニューにチャレンジできるだけじゃなく、定番メニューの新しい魅力に気づくことができるのも大きなメリットですね。

おいしかったです。ごちそうさまでした~