新築マンション購入

入居前の準備①新居の掃除に必要な持ち物リスト

引越し前の新居そうじに必要なもちものリスト

引越しの前に、新居を掃除しておきたい人も多いんじゃないでしょうか。ひととおり掃除を済ませて、気持ちよく新生活を始めたいですよね。

とはいえ、なにをどこまですればいいのでしょうか。最低限やるべき掃除内容を決めて「ここまでできたからいつでも入居OK!」とすっきりしたいところです。キリがありませんからね。

そこでこの記事ではまず、入居前に最低限必要な掃除のために必要なアイテムをまとめました。

また忘れてはいけないのが「引越し前の新居には何もない」ということ。トイレットペーパーもなければタオルもありません。意外とないと困るものがあるはず。

記事の後半では、あると便利な持ち物もまとめて紹介します。忘れずに準備して、効率よく掃除ができるようにしましょう。

新居の掃除に必要なアイテム

入居前に最低限しておきたいのは、床拭き・棚拭き・水回りの拭き掃除です。荷物が入ってしまうと手が届かなくなったり物が置かれたりする場所もあるので、入居前にひととおり拭いておきましょう。

窓ふきやベランダの掃除はとりあえずしません。入居前に雨が降ればまた汚れてしまうので優先度は低め。

拭きそうじは、シートを使うと準備も片づけも楽です。

①ウェットシート(おしりふき)

棚や窓サッシなど細かいところの拭き掃除にこれさえあればまずはOK。

ぞうきんでもOKですが、こまめに洗わないと汚れを拡げるだけなので注意です。拭いてみて初めて分かる汚れ箇所もあるので複数枚あると安心です。

私は水99%おしりふきを1パック持っていきました。ほぼ水なのでどこを拭いても心配なしです。

②フローリング用ドライシート・ウェットシート・ワイパー

[注意]無垢材を使った床やコーティングをしている場合には、ウェットシートが使えるか確認してください。

新築分譲マンションのフローリング掃除は

  1. ドライシート→ホコリや髪の毛
  2. ウェットシート→皮脂汚れと砂ぼこり

と2段階で行います。ウェットシートだけだとホコリが床にくっついてしまうので、まずドライシートで全体のちりほこりを取ってから、ウェットシートを使いましょう。

我が家の床材は一般的なフローリングシートなので、クイックルワイパーを使っています。

クイックルワイパーのウェットシートには「クイックルワイパー ウェットシート」と「クイックルワイパー 立体吸着ウェットシート」の2種類がありますが、立体吸着ウェットシートの方がおすすめ。凸凹の効果でいろいろな汚れ(花粉やハウスダストなど)を一度にとりやすいようです。また1枚(両面)で拭ける面積も、

  • ウェットシート→約10畳
  • 立体吸着シート→約15~20畳

と差があります。

床掃除の際はぜひワイパー(棒)を使ってくださいね。私は持って行かなかったので床にはいつくばって掃除をしました。腰とひざがとても痛かったです…

③トイレ用ウェットシート(トイレクイックル)

トイレ掃除は除菌効果のある専用シートを使いましょう。

トイレクイックルは1パックあればじゅうぶん全体を拭きあげることができます。使い終わったあとはそのまま流せるので便利。

トイレの便座をトイレットペーパーで拭いたりから拭きしたりすると、傷がつきやすいので注意。専用のウェットシートを使いましょう。

④セスキ炭酸ソーダのウェットシート

セスキ炭酸ソーダは、重曹と炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)を混ぜた弱アルカリ性の洗剤。

  • 皮脂や手垢などの汚れ
  • 油汚れ

に強いです。

100円ショップでもセスキシートが売っていて、キッチンや水回り、ドアノブなど気になるところを拭くのに便利です。

あると便利なもの

アルコール除菌スプレー「パストリーゼ」

「拭き掃除だけではちょっと物足りない」「アルコール除菌もしたい」というときに使えるアルコール除菌スプレーです。

パストリーゼは、酒造会社「ドーバー酒造」が製造販売するアルコール製剤。酒類製造のノウハウを生かして

・酒造用の純水を利用した安全性

・高純度カテキン配合の抗菌持続性

・高純度アルコール分77%の即効性

https://www.dover.co.jp/special/pasteuriser/

という特長を持つすぐれもの。キッチン周りや食品の除菌・抗菌や、げた箱のにおいや防カビなど1本で幅広く使えます。

箱ティッシュ

とりあえずひと箱持っていきましょう。

ちょっとかさばるけれど、いずれ新居でも使うものなので帰りは置いていけます。

踏み台

入居前だと意外と困るのが、高いところの掃除。クローゼットの上段など手が届かないと拭けません。

そんな時のために、折りたたみ式の踏み台があると便利です。持っていくのが大変であれば、新居に届くように購入し、時間指定で受け取る方法もあります。

掃除と関係ないけれどあった方がいいもの

掃除用品とは関係ありませんが、引っ越し前に新居で何か作業をする際には持っていくと便利なものです。必要に応じて用意してください。

  • トイレットペーパー…1-2個持っていきましょう。
  • ハンドソープ…トイレ後、掃除後など手が汚れたときに。
  • ハンドタオル(フェイスタオル)…掃除で手が汚れたり汗をかいたり。
  • ビニール袋・スーパー袋…ゴミ入れとして。
  • メジャー…入居前に寸法を測っておきたい場所に。内覧会や確認会でも測れますが、棚の内寸やオプションで入れた食器棚のサイズなど、意外と測り忘れがあるものです。
  • お茶・休憩用のおやつや食料…近くにコンビニがないときは食べ物や飲み物もあるとよい。
  • マグネット…「家の中でどの部分がマグネットでくっつくか」を調べる用。めちゃくちゃ細かいですが、キッチンや浴室の小物収納を考えるとき、マグネット対応棚を使うかどうかの判断ができるのでやっておくと便利。

まとめ:引越し前の新居掃除には専用ウェットシートを活用しよう

引越し前の新居掃除に便利な掃除グッズをまとめて紹介しました。

  • ウェットシート(おしりふき
  • フローリング用ワイパー・ドライシート・ウェットシート
  • トイレ用ウェットシート(トイレクイックル)
  • セスキシート

さらにあるとよいのが

パストリーゼ(除菌アルコールスプレー)・箱ティッシュ・踏み台

また、意外と忘れがちなものとして

トイレットペーパー・ハンドソープ・ハンドタオル(フェイスタオル)・ビニール袋やスーパー袋

また、

メジャー・お茶や休憩用おやつ・マグネット

などもあると便利。必要に応じて準備してくださいね。

掃除についてはこちらに書いています。