今日のごはん

【スーパーの惣菜】チキンカツでお手軽・時短カツ丼。玉ねぎ無しでもおいしくできる

総菜チキンカツアイキャッチ

スーパーのお惣菜を使った、短時間でできるカツ丼です。
揚げものは余裕がないと作れない。でも食べたい!そんな時には躊躇なく買ってしまいましょう。
帰ったら玉ねぎが無くて、代わりに適当に野菜を足したら、いい感じに仕上がりました。

春キャベツでみそ汁も作っています。

カツ丼+みそ汁の調理にかかった時間は【20分】でした (みそ汁15分+カツ丼5分)。

スーパーの惣菜で作る時短チキンカツ丼

チキンカツとじ

材料 (大人2人+4歳児1人)

  • チキンカツ 1枚
  • 卵 4個
  • 野菜(今回はブロッコリーの茎+冷凍ほうれん草)
  • めんつゆ

うちは家族揃って小食ぎみなので、チキンカツ1枚を3人で分けました。卵たっぷり使うことで、それなりにボリュームも出せます。

作り方

  • チキンカツはレンジで軽く温め、カットしておく。子どもの分は一口サイズにしておくと食べやすい
  • めんつゆと水を中火にかけ、スライスしたブロッコリーの茎、ほうれん草を入れてひと煮立ち
  • チキンカツを入れる
  • すぐに溶いた卵を入れて、半熟になったら完成。ごはんに載せる

ポイント

カツの衣が剥がれやすいので、チキンカツを鍋に入れたら煮る時間はほぼ必要なし。すぐに卵を入れています。

卵は半熟程度で火から下ろすと、あとは余熱でちょうどいいふわとろ具合になります。

底のひろい鍋を使ったので、1度に3人分作れました。1人分ずつ簡単にすくえるように、エリアを分けてチキンカツを置く、の図↓

チキンカツとじ作り、3人分

春キャベツのみそ汁

春キャベツのみそ汁

材料

大根、人参、春キャベツ

作り方

  • 大根と人参とだしパックで10分加熱(※)
  • 大根が柔らかくなったら、火を止めて味噌を溶かす
  • ざく切りにした春キャベツを投入し再加熱、沸騰する前に火を止めて完成

(※)この状態で、半分小鍋に取り分けました。次の日の夕食に使い回しますよ〜

みそ汁を途中で半分取り分け

今日の献立

今日の献立
  • チキンカツ丼
  • 春キャベツのみそ汁
  • 大根サラダ(市販)
  • 笹かまぼこ(市販)

食べた感想

チキンカツ丼、玉ねぎがなくても大丈夫!苦しまぎれに使ったブロッコリーとほうれん草でしたが、むしろどんどん使っていきたいと思えるぐらいナイスでした。子どもも、カツ丼の甘辛味と卵にまぎれて、なんなく食べてくれました!

今回使った野菜以外にも、小松菜や薄切り人参なども使えそうです。

まとめ:時短ポイントは、みそ汁調理中のカツ丼準備!

春キャベツのみそ汁も作りましたが、大根と人参を煮ている間に、チキンカツ丼の準備をすればムダ時間なし。

①チキンカツを温めて切る、②溶き卵を作る、だけやっておけば、みそ汁が完成後らくにチキンカツ丼も作れます。

ちなみに面倒くさがりな私は、みそ汁を先に汁椀によそってしまい、空になった鍋を洗わずにそのままチキンカツ作りに使いました。なので今回の洗い物は、鍋1個だけ!

ボリュームたっぷり、野菜もしっかり摂れる献立が20分で作れました。甘辛味のカツ丼は子どもも野菜を食べやすいことが分かったので、また野菜を変えて作ってみます。