今日のごはん

【時短オムライス】30分で3人前作るベーコンとミックスベジタブルを使った簡単レシピ

オムライスアイキャッチ

ベーコンとミックスベジタブルを使った、時短オムライスを作りました。

家族3人分、30分で完成です(ケチャップライスに7分、3人前の卵作りに15分、盛り付け5分)。

ベーコンとミックスベジタブルで作る時短オムライス

材料

  • 白ごはん 3人分
  • ベーコン 3枚
  • ミックスベジタブル 適量
  • 卵(5個:大人2個分×2人、子ども1個分)
  • ケチャップ、塩コショウ、牛乳少量、バター

ケチャップライス作り

ケチャップライス作り①
  • ベーコンとミックスベジタブルを炒める
  • 白ごはんを投入
  • ケチャップと塩コショウで味付け

シンプルですね。味付けも具の量も好みに合わせて調整できます。

ケチャップライス作り②

私流・オムライスの卵作り

オムライス卵作り
  • 溶き卵+塩と牛乳少量
  • 中~強火のフライパン(写真は小鍋)にバターを溶かす
  • 卵を一気に入れ、5-10秒ぐらいかき混ぜる
  • 周囲が固まりはじめ、中央はまだ半熟→火を止める。あとは余熱で。
  • ①ケチャップライスの上にパタっと被せる(よく焼けた表面が表)。もしくは、②フライパンからスライドさせて載せる(半熟卵の面が表)
  • スプーンやキッチンペーパーなどで成型

油断するとすぐに卵に焼き目がついたり、全体的に固まってしまったりします。まだトロトロしているな~くらいで火から下ろすのがちょうどいい気がします。決断力が重要。

あと、うまくいかなくても、最後のキッチンペーパーでの成型で何とかなります。

手抜きポイント

  • ベーコンを使う(炒め時間短縮)
  • ベーコンをハサミで切る(洗い物減)
  • ミックスベジタブルで(野菜の準備も簡単)

ミックスベジタブルだけで「野菜を入れた」とするのは少々罪悪感があるので、ほんとはもうちょっと足したいところ。たまねぎみじん切り、ブロッコリー、しめじなど。

時短のためベーコンを使いましたが、代わりに鶏ひき肉をザラザラと入れることもあります。面倒でなければ、鶏もも肉を焼いたものがいちばんおいしいと思う。

本日の献立

今日の献立
  • オムライス
  • 大根サラダ、ミニトマト
  • もやしとキュウリとちくわの中華和え(昨日の残り物)

食べた感想

ケチャップライスの具は、手抜きしただけあって、もうちょっと(種類も具の量も)あってもよかったかな~という私個人の感想です。卵はふんわりしていておいしかったです。バターはちょっと多め(1人前につき小さじ1~2)の方が香りが◎。

娘には好評。好みが時期によってころころ変わる幼児期ですが、オムライスはいつも喜んでくれます。オムライスが好きな理由を聞いてみると、「ケチャップで絵が描けるから(*^^*)」。味ではなかった~~ Ω\ζ°)チーン
いいんだ。食べたいと思えるメニューがあるなら喜んで作りますよ。

同じオムライスでも、ケチャップライスの具を変えたり、バターライスにしたり、付け合わせ野菜を変えたりすることで、頻繁に(月2ぐらい?)出してもマンネリ感を防げます。ケチャップで絵を描く

↑一生懸命ハートを描いています

作った感想

30分は思ったより時間がかかったという印象。

具もこれ以上ない手抜きだし、付け合わせも置いただけなのに。ケチャップライスだけなら10分足らずで出来るし、卵だって焼いている時間は1人前1分しないぐらい。

ナゼ?どこで時間が掛かってるんだろう?と考えてみると、オムライスの卵への気合を込めるのに時間がかかっていることが分かりました…。

入念に卵を溶き。ちょうどよく焼けた卵をケチャップライス上に被せる際も10秒ほど狙いを定めてから「エイヤっ」と一発勝負。乗せた後の成型も丁寧に。。。1人前作るごとに30秒くらい、パワー回復と気持ちを落ち着ける時間を要していることも判明(*_*)

せっかく作るなら、きれいなオムライスにしたいですから…

見た目にこだわらない人、卵作りが上手な人だったら、もっと手早くできると思います。私も練習します。